短小手術のメリット・デメリット・費用などを解説します

手術

ペニスが小さいことに悩んでいませんか?

もちろん大きさや長さには個人差がありますが、周りの友人のペニスと比較してかなり小さいと感じている場合はコンプレックスになることがあります。

子供の頃に小さい場合はそれほど気にすることはありません。

ペニスは第2次性徴期に大きく成長するためです。この時期は身体とメンタルが大人へと成長していく大切な時期です。

しかし、第2次性徴期にペニスが成長しないと、短小という悩みを抱えてしまうことになります。

もしあなたのペニスが小さくて悩んでいるのであれば、クリニック(病院)で短小手術を受けることを検討しましょう。

短小手術の方法は一つではありません。埋没陰茎固定術や下腹部脂肪吸引式長茎術などが存在します。

 

埋没陰茎固定術

埋没陰茎固定術は子供の頃からペニスが小さい場合に採用される施術方法です。

勃起している際は問題ないですが、ペニスが萎えた際に通常よりも小さくなる場合は、この埋没陰茎固定術で治る可能性が高いです。

ペニス根元付近から1㎝ほどお腹の近くにあるペニスと恥骨を繋いでいる靭帯を緩めることでペニスを伸ばします。

ペニスを引き出した際に靭帯を固定して終了です。施術時間が大体30程度で終わります。

埋没陰茎固定術を受けることで、ペニスが萎えている状態で1~5㎝程度のサイズアップが実現します。

この埋没陰茎固定術は切らずに施術ができる特徴がありますが、重度の場合は切開が必要になるケースがあります。

 

下腹部脂肪吸引式長茎術

下腹部脂肪吸引式長茎術は太っていることで、ペニスが小さく見えてしまっている場合に採用される施術方法です。

専用の細い管を利用して、恥骨部分に付着している皮下脂肪を吸引することでペニスを引き出します。

施術時間は上記の埋没陰茎固定術と同じくらい(30分程度)です。

皮下脂肪を吸引してペニスを引き出すため、お腹に付いた脂肪が落とされてスリムになるというメリットもあります。

 

短小手術のメリット・デメリット

短小術にはメリットとデメリットの両方があります。

メリット

短小手術を受けるメリットとしては、施術後にはすぐにサイズアップが実現するということです。

ペニスのサイズアップ方法としては、その他にもチントレやペニス増大サプリを利用する方法がありますが、一番即効性があります。

さらにサイズアップ効果が一番期待できます。チントレやペニス増大サプリでは、せいぜい1~3㎝程度です。

しかし短小手術では個人差はありますが、5㎝程度のサイズアップは十分に可能です。

 

デメリット

一方の短小手術を受けるデメリットとしては、施術料金が高額にかかるという点です。

埋没陰茎固定術は35万円程度、下腹部脂肪吸引式長茎術は40万円程度もかかります・・・(汗)

10万円程度であればそれほどネックにはなりませんが、30万円を超えるとなると躊躇してしまいますよね?

そのため、あまり費用をかけたくないのであれば、チントレをしたり、ペニス増大サプリを試すKとをおすすめします。

そしてもう一つのデメリットが施術を受けた後に一定のダウンタイムがある点です。

ダウンタイムとは施術を受けてから回復するまでの期間のことを意味します。

施術を受けた後は麻酔や施術による腫れができたり、身体にダメージを負います。

そのため、身体が正常な状態に戻るまでに一定の期間が必要になるのです。

短小手術を受けた場合は、大体1週間程度の期間にわたってダウンタイムがあります。

シャワーを浴びることができるのは施術後4日目くらいからオッケーとなります。

また、セックスを施術後1ヶ月くらい経過しないとしてはいけません。

 

あなたの希望・予算に合わせて方法を選択しよう

上述しているように、短小手術にはメリットとデメリットの両方があります。

そのため、まずはあなたの希望(願望)と予算を明確にして、どの方法が一番効果的なのかを選択するようにしましょう。

例えば、今すぐにでもペニスのサイズアップを実現したいのであれば短小手術がおすすめです。

また、施術を受ける貯金がなかったり、あまりお金をかけたくないと考えているのであれば、チントレやペニス増大サプリを試すことをおすすめします。

短小手術を受ける場合はしっかりとカウンセリングが受けられるクリニック(病院)を選びましょう。

あなたの悩みや希望をしっかりと確認して、適切なアドバイスが受けられる医師による施術を受けることが何よりも大切です。

 

無料のカウンセリングも受けられます

無料のカウンセリングが受けられるクリニックも数多く存在します。

例えば、ABCクリニックや上野クリニック、東京スカイクリニックなどが有名ですね。

医療機関なので強引な勧誘行為を受けることもないので、短小手術に興味があるのであれば一度カウンセリングを受けてみてはどうでしょうか?