プレミアムセダンを購入したいなら日産フーガがおすすめです

日産フーガは日産自動車がラインナップしている車種の中でも高額な価格設定になっていて、プレミアムセダンとして位置づけられています。

日産フーガにはさまざまな最新技術が導入されています。

日産フーガ

日産独自のハイブリッドシステム

日産フーガには日産独自のハイブリッドシステムが搭載されています。

ハイブリッドシステムとV6 3.5L DOHCエンジンが組み合わされることで、強力なパワーとダイレクト感のある爽快なドライビングを実現しています。

エンジンとモーターを高次元で制御する独自の1モーター2クラッチ方式のインテリジェント デュアル クラッチ コントロールが搭載されています。

パワフル&ハイレスポンスなドライバビリティと優れた環境性能を両立することに成功しました。

日産フーガで採用されているハイブリッドは、1つのモーターで走行と発電を行う効率的なシステムとなっています。

2つ存在するクラッチのうちの1つは、エンジンとモーター間で接続するために使用します。

停止したエンジンをモーターと完全に切り離すことで、モーターへの負荷をなくして、出力をロスすることなく走行することが可能になります。

もう1つのクラッチは変速時と発進時に使用します。モーターの回転を素早くコントロールをして、エンジン始動時やクラッチをつなぐ際のショックを絶妙に吸収することが可能になります。

JC08モードにおける燃焼消費率は18.0km/Lを実現しています。

発進時から高速までの幅広い速度域でモーター走行が可能となっています。

エンジンとモーターの両方を組み合わせることでよりパワフルな加速ができます。

さまざまな車両のエコ情報はメーターディスプレイ内に表示されます。

例えばハイブリッドシステムのエネルギーマネージメントや、エコドライブへのさまざまなアドバイスをリアルタイムでメーターディスプレイに表示してくれます。

これらの情報を確認しながらよりエコ走行を心がけたりすることができます。

安全装備も万全

日産フーガでは最新の安全装備もふんだんに取り入れています。

例えばエマージェンシーブレーキでは新型ミリ波レーダーで前方の車両と衝突する可能性を確認すると、ディスプレイ表示やブザーで危険を教えてくれます。

さらにアクセルペダルの反力と穏やかなブレーキングによって衝突回避を促してくれます。

また、PFCW(前方衝突予測警報)の搭載されています。

PFCWでは2台前を相応する車両の車間距離や相対速度を新型ミリ波レーダーでモニタリングをします。
そして前方の状況を随時チェックをして衝突などの恐れがある場合は上記のエマージェンシーブレーキのような警告をしてくれます。

その他にはアラウンドビューモニターも搭載されています。

車両を駐車する際にはディスプレイ上に車両を上空から見下ろしているような視点で周囲が表示されます。

MOD機能によって周囲の移動物などを的確に検知し、アラウンドビューモニターのディスプレイ上の表示と音でドライバーの注意を喚起してくれます。

PFCWを利用することで駐車時における衝突事故を未然に防ぐことが可能になります。

このように日産フーガには最新の技術が数多く搭載されていて、プレミアムセダンに乗りながらエコドライブができ、かつ安全性にも配慮して運転することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です