クレンジングの効果と正しい洗い方をマスターしよう

女性

クレンジングはスキンケアの基本です。

単なるメイク落としとして認識している女性が多いですが、実はスベスベ肌を作るためには佐大切なケアなのです。

クレンジングは毎日使用するものなので、やり方次第で肌の状態はかなり差が出ます。

毎日の積み重ねがあなたの肌を作ります。

クレンジングをする目的や効果、正しい洗い方をマスターしてスベスベ肌を維持して下さい。

 

クレンジングの目的を理解する

クレンジング商品はメイクを落とすために開発された商品です。

主にファンデーションなどの油性の汚れを落とすために使用します。

油分は通常の洗顔では十分に落とすことができません。

そこで界面活性剤が配合されたクレンジング商品を使用して乳化させて落とします。

クレンジングと洗顔を混同する方も結構多いです。

洗顔は汗や皮脂汚れ、顔に付いた汚れなどを落とします。

メイク以外の汚れを落とすのが洗顔の目的だと認識すればオッケーです。

クレンジングは大きく2つに分類できます。

一つ目はアイメイクなどを落とすポイントメイク専用の商品です。

そして二つ目はファンデーションなどのベースメイクを落とす商品です。

さらにこれらの商品でも素材やテクスチャーに違いがあり、さまざまな種類の商品が登場しています。

 

ポイントメイクリムーバー

ウォータープルーフのマスカラやリップなどを落とす際におすすめの商品です。

顔料を落とすために開発されているので、顔全体に使用する行為はNGです。

手で直接洗うのではなく、コットンや綿棒などを使って優しく洗っていきます。

顔料が目元に残っていると色素沈着を起こす恐れがあるのでしっかりと洗いましょう。

 

クレンジングの方法

毎日クレンジングを続けると肌に負担がかかります。

できればクレンジングをしない方が良いですが、外出する際はメイクをしなければいけないので、メイクを落とさなければいけません。

肌に負担をかけないクレンジングをマスターすることが大切です。

クレンジングの基本は優しく洗うということです。

肌を強くこする行為はできるだけ控えましょう。

毎日肌を強くこすってクレンジングをしていると、シミやくすみ、シワなどの原因になる恐れがあります。

洗い方だけでなく、使用する量にも気を付けましょう。

各商品で決められている使用量でクレンジングをしてください。

量が少なすぎると肌に馴染まなかったり、肌をこすりやすくなります。

逆に多すぎても肌に負担がかかったり、洗う時間が長くなりやすいです。

また、メイクの量に合わせて商品を変えるのも効果的です。

メイクが濃い日は洗浄力の強いクレンジングで短時間で一気に洗います。

逆にメイクが薄い日は洗浄力の弱いクレンジングで優しく洗います。

このようにメイクの量に合わせて洗浄力の異なるクレンジングを使い分けることで、肌の負担が軽くなります。

 

クレンジングの仕方

クレンジングをする前に手をしっかり洗いましょう。

手が汚い状態でクレンジング剤を使用すると、手についた汚れだけを落としてメイクを落とし切れないケースがあるので注意をしてください。

手の汚れや雑菌を顔全体に付けてしまうので、事前に石鹸などでキレイに洗うことを忘れないでください。

クレンジングは顔の内側から外側に向けて洗っていき、そして下から上に向かって洗います。

顔の内側から外側に向けて洗うことで肌を引き延ばす効果があります。

また、下から上に向かって洗うことで、肌の引き下がりを予防します。

 

あなたの肌に合わせて選択しよう

クレンジングはあなたの肌タイプに合わせて選択することが大切です。

乾燥肌の場合はミルクタイプやクリームタイプがおすすめです。

他のクレンジング剤よりもお肌にやさしくて保湿力に優れた商品が多いためです。

逆に脂性肌やニキビ肌の場合はジェルタイプをおすすめします。

ジェルタイプはさっぱり感のある商品が多く使い易いです。

オイルタイプのクレンジング剤も存在しますが、毎日使用することは控えましょう。

必要な皮脂まで取り除いてしまうので肌がかさついてしまう恐れがあります。

濃いメイクをした日専用など、限定して使うようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です